ディアナチュラ葉酸サプリは妊娠中に本当にとっても大丈夫?妊娠中に飲みました。

管理人ご挨拶

 

初めまして!当サイト管理人のマイです。

 

都内の病院の薬局にて薬剤師をしていたのですが、
今は、妊娠したことをきっかけに育児休暇をいただいています。

 

薬剤師ということもあり、妊活中から葉酸サプリを16種類以上試しました
無事に妊娠することが出来たわけですが、葉酸サプリ選びって難しいですよね。

 

そこで、薬剤師と妊婦の両方の視点から、効果が期待出来ると思われるものと、そうではないものを調査し、自分なりにまとめてみました。
実際に全てのサプリメントを飲んでいますので、何かしら参考になれば幸いです。

 

 

薬剤師免許証です

 

 

 

私が実際に試した16種類以上のサプリメントはこちら

 

 

 

16種類って、今思えばかなり多い数ですよね。
待望の赤ちゃんなので、やはり元気に産まれてきて欲しくて、自分でたくさん試しました。

 

当サイトで取り上げていくのは、”ディアナチュラ葉酸サプリ”です。
妊娠中にディアナチュラ葉酸サプリを飲むのは安全なのか、サプリメント選びの基準なども見ていきたいと思います。

 

 

葉酸サプリを選ぶ際の3つのポイント

 

1.厚生労働省が推奨している1日400μgの葉酸が摂取出来ること
2.GMP基準を満たしていること
3.合成葉酸&無添加であること

 

葉酸サプリを選ぶ際には、この3つの点に注目していただけたらと思います。
どうしてこの3つの点に注目する必要があるのか、以下、その理由をご説明していきます。

 

 

厚生労働省が推奨している1日400μgの葉酸が摂取出来ること

 

葉酸サプリから葉酸を摂取することは、厚生労働省が推奨していることですよね。
具体的には、妊娠を希望する女性・妊娠中の女性に対し、1日に400μgの葉酸摂取を推奨しています。

 

これは、諸外国の研究や調査の結果、胎児の先天性異常のリスクを低下させるには、食事以外に1日に400μgの葉酸摂取が必要だということが判明したためです。

 

アメリカではすでに、パスタや小麦粉などの主食に葉酸を添加することが義務付けられています。
日本ではまだそこまでに至っていませんが、葉酸の重要性は明らかなので、積極的に400μgの葉酸を摂取するようにしなくてはなりません。

 

 

妊活中から葉酸を摂取する重要性

 

葉酸摂取を推奨するにあたり、厚生労働省が”妊娠を希望する女性”としている理由をご存知ですか?
妊活中から飲み始めることが理想だと言われているのですが、これはどうしてなのでしょうか。

 

葉酸摂取は、赤ちゃんのダウン症や無脳症、二分脊椎症などの先天性異常のリスクを低下させることが目的ですよね。

 

実は、予防が目的となっている先天性異常の多くが、妊娠直後から妊娠10週目以前に発生しているのです。
特に、中枢神経系の先天性異常は、妊娠7週目未満に発生することが分かっています。

 

 

 

 

つまり、妊娠に気づいた頃にはこの時期を過ぎている可能性があるため、対応が遅くなってしまうということです。
妊活中から葉酸サプリを飲んでいればリスクを低下させることが出来るということで、”妊娠を希望する女性”ということになっているのですね。

 

食品からの葉酸推奨量の摂取は難しい

 

葉酸はビタミンB群の一つなので、ほうれん草などの食品からも摂取することは可能ですが、
この葉酸は水溶性ビタミンといって、水に溶けやすい性質を持っているのです。

 

ほうれん草で例えると、茹でている間に、茹で汁に葉酸がどんどん溶け出してしまうのですね。
そのため、食事から推奨摂取量の葉酸を摂取することは難しいとされており、
厚生労働省は栄養補助食品(サプリメント)などからの葉酸摂取を推奨しています。

 

 

GMP基準を満たしていること

 

そして次に、GMP基準を満たしているかどうかという点も重要になります。
アメリカ等、サプリメントの先進国では、GMP基準というものが存在しています。

 

原料の入庫から製造、そして出荷にいたる全ての過程において、サプリメントが安全に作られ、品質が保たれるようにと定められたものです。

 

サプリメント先進国のアメリカでは、このGMP基準を満たしているかどうかが重要になります。
もしGMP基準を満たしていなかった場合には、販売することが出来ないのです。

 

このくらい徹底されている品質管理であれば、安心して飲むことが出来ると思いませんか?
日本では、自社基準を満たせばいいというだけなので、不安が残る部分もあります。

 

GMP基準を満たしているサプリメントを選び、安全性を第一に考えて飲むことが大切です。

 

 

合成葉酸&無添加であること

 

そして最後に、合成葉酸かつ無添加であることも重要だと言えます。
葉酸には天然葉酸と合成葉酸の2種類があるのですが、この2種類には大きな違いがあります。

 

合成葉酸であることの重要性

 

合成葉酸は科学的に合成された葉酸のことで、天然葉酸は野菜などから抽出された葉酸のことを指します。
一見、天然葉酸の方が良さそうな感じがするのですが、葉酸摂取の目的を考えると、合成葉酸の方が良いと言えるのです。

 

 

 

合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)・・・吸収率が85%
天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)・・・吸収率が50%

 

この2種類の大きな違いというのは、吸収率なのです。
葉酸摂取の大きな目的は、胎児の先天性異常のリスクを低下させることです。
体内での吸収率が高いものを摂取しなくては、せっかく400μgの葉酸を摂取しても意味がなくなってしまいますよね。

 

厚生労働省も合成葉酸を推奨

厚生労働省が推奨しているのも、天然葉酸ではなく合成葉酸です。
やはり身体に吸収されやすく、効果を発揮させやすいものが選ばれているのですね。

 

 

無添加であること

 

そして、無添加であることもとても大切なポイントです。
添加物は普段口にしている食品にも豊富に含まれているため、全てを避けることは出来ません。
食品を安全に食べるために使用されている添加物もありますので、全てが害というわけでもありません。

 

ただ、少量の添加物なら問題がないにせよ、大量に摂取してしまうと、発がん性・喘息・奇形などのリスクを負うことになります

 

葉酸サプリは毎日継続して摂取し続けるものですので、添加物が入っていないものを選ぶことが大切です。

 

 

ディアナチュラ葉酸サプリは3つのポイントをクリアしている?

 

ディアナチュラ葉酸サプリは、上記の3つのポイントを満たしているのか調べてみました。
お腹の赤ちゃんのためにも、少しでも不安があるサプリメントは避けておきたいですよね。

 

 

ディアナチュラ葉酸サプリの葉酸配合量は?

 

 

 

まずは、1つ目のポイントである、1日に400μgの葉酸を摂取出来るのかという点についてです。

 

ディアナチュラ葉酸サプリは、1日に1粒の摂取で400μgの葉酸を摂取することが可能です。
1日に1粒で良いということで、つわり中にも飲みやすいと言えます。

 

厚生労働省が推奨している1日に400μgの葉酸を摂取することが出来るという点で、問題ありません。

 

 

ディアナチュラ葉酸サプリはGMP基準をクリアしている?

 

次に、2つ目のポイントである、GMP基準についてです。

 

ディアナチュラ葉酸サプリは、Asahiが製造販売しているサプリメントであり、会社の信頼性はとても大きいものがあります。
葉酸サプリに関しても、GMPに準じた国内の工場にて製造されていますので、品質についても問題はないと思われます。

 

 

葉酸は合成葉酸?添加物は?

 

最後に、3つ目のポイントである、合成葉酸&無添加かどうかという点についてです。

 

ディアナチュラ葉酸サプリで使用されている葉酸は、合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)となっています。
前述の通り、合成葉酸の方が吸収率が85%と高く、厚生労働省も推奨しているものであることから、何も問題ありません。

 

ここで気になるのは、添加物についてです。まずは、成分を見ていきましょう。

 

 

 

ディアナチュラ葉酸サプリの成分

還元麦芽糖水飴、セルロース、ステアリン酸Ca、V.B6、葉酸、V.B12

 

ディアナチュラ葉酸サプリに配合されている成分は、このようなものとなっています。
よく見てみると、なにやらあまり聞き慣れない言葉が混じっているのではないでしょうか。

 

還元麦芽糖水飴や、セルロース、ステアリン酸Caの3つは、添加物です。
そして、妊婦さんに必要な栄養素としては、葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12が配合されています。

 

 

これらの添加物に危険性はないのか、見ていきましょう。

 

還元麦芽糖水飴(別名:マルチトール)

こちらの添加物は、トウモロコシやさつまいも等を原料としている添加物です。
サプリメントの形や大きさを整えるための賦形剤として使用されています。

 

さつまいも等が原料となっていることから危険性はないのですが、
たくさん摂取してしまうとお腹がゆるくなったり、痛くなったりすることがあります

 

セルロース

こちらも還元麦芽糖水飴と同様、主にサプリメントの形や大きさを整えるための賦形剤です。
海藻・トウモロコシ・さつまいも等を原料としているため危険性は特にありません

 

ステアリン酸Ca

こちらは混ざりにくい成分を混ぜあわせるために乳化剤として使用されている添加物です。
以前から医療品添加物として使用されているのですが、実ははっきりと安全性が確認できたわけではないのです。
とはいえ、はっきりと毒性があるとも分かっていませんので、なんとも曖昧な添加物です。

 

添加物の割合は?

 

ディアナチュラ葉酸サプリに配合されている栄養素は、葉酸、ビタミンB6、B12の3種類です。
添加物も3種類なので、そこまで添加物が多いわけではないと思う方もおられると思うのですが、
添加物の割合を計算してみると、なんと99%以上が添加物という結果になりました。

 

添加物計算方法

サプリメントの重さ−栄養成分=添加物の量

 

この計算式に当てはめてみると、添加物は99%以上ということになってしまいます。
妊娠中にいくら葉酸が必要だからとはいえ、添加物だらけのサプリメントを摂取することはあまり望ましくありません。

 

 

妊娠中に必要な栄養素が不足している

 

また、ディアナチュラ葉酸サプリは、妊娠中に必要な栄養素が不足していると言えます。

 

配合されている栄養素は、葉酸・ビタミンB6・ビタミンB12の3種類です。
葉酸はビタミンB6やB12と一緒に摂取することで、吸収率を高めることが出来る他、つわりを軽減させる効果も期待出来ます。

 

ただ、鉄分やカルシウムが配合されていないという点が少し残念な点です。
鉄分は妊婦さんの貧血を予防したり、赤ちゃんの血液を作っていくために必要になる栄養素です。
カルシウムは赤ちゃんの骨を作ったり、妊婦さんの骨粗しょう症を予防していくためにも重要な栄養素です。

 

これらの栄養素が配合されていないということで、妊活中から卒乳の間に飲む葉酸サプリとしては、あまりおすすめ出来ません。

 

 

以上、3つのポイントに沿ってディアナチュラ葉酸サプリを見てきましたが・・・

 

ディアナチュラ葉酸サプリは、Asahiが製造・販売しているということや、
GMPに準じた工場にて生産しているということなど、品質や信頼性に関してはかなり高めと言えます。

 

ただ、添加物の量や妊娠中に必要な栄養素の配合などを考えると、一番のおすすめとすることは難しいです。

 

 

 

ディアナチュラ葉酸サプリの総評価

 

会社の信頼性 ★★★★★ Asahiということで信頼性が高いです
GMP基準 ★★★★★ GMPに準じた工場にて生産されています
添加物 ☆☆☆☆☆ 99%以上が添加物となっています
放射能チェック  ☆☆☆☆☆ 放射能チェックの記載はありません
ビタミンの有無 ★★★★☆ ビタミンB6、B12を配合していますが、含有量が少なめ
鉄分の有無 ☆☆☆☆☆ 配合されていません
カルシウムの有無 ☆☆☆☆☆ 配合されていません
粒の匂い ★★★★★ ほぼ無し
粒の大きさ ★★★★★ 0.8cmで飲みやすい

 

 

薬剤師として見た、葉酸サプリ選びのポイント
  • 推奨摂取量の葉酸が摂取出来ること
  • GMP基準をクリアしていること
  • 合成葉酸&無添加であること

 

妊婦さんとして見た、葉酸サプリ選びのポイント
  • つわり中でも飲みやすい大きさであること
  • ほとんど匂いがなく、つわり中にも飲みやすいこと

 

以上の5つのポイントを踏まえた上で、ランキングを発表したいと思います。

 

 

 

 

薬剤師と妊婦の両方から見て、おすすめできる葉酸サプリはどれ?!

 

先ほどの5つのポイントを踏まえ、ランキングを作ってみた結果、こうなりました!

 

ベルタ葉酸サプリ

 

 

GMP基準をクリアしていて無添加となっていることから、安心安全なサプリメントです。
ディアナチュラ葉酸サプリと比べるとベルタ葉酸サプリは高くなってしまいますが、安全性や飲みやすさ、栄養素の豊富さを考えると、妥当もしくは安いくらいの価格です。

 

美的ヌーボ

 

 

美的ヌーボは天然素材にこだわって作られているサプリメントです。
葉酸自体は天然葉酸となりますが、豊富な栄養素と成分の質の高さが魅力的です。
その分、ベルタ葉酸サプリよりも高い価格になっています。

 

1日に5粒、一番大きくて2cmもあるサプリメントなので、多少飲みづらいという点が残念です。

 

ララリパブリック

 

 

天然の野菜を使用している他、公式サイトではそれぞれの野菜の産地が公開されています。
購入する側からすれば安心出来るため、このような取り組みは嬉しいですよね。

 

飲みやすさに関しては、サプリメント独特の匂いが多少あるものの、粒自体が小さいのであまり問題ではありません

 

 

ベルタ葉酸サプリ体験談

 

ディアナチュラ葉酸サプリは安いですし、ビタミンB6やB12も一応配合されているということから気になっていたのですが、
添加物の多さや栄養素の不足が気になり、どうしても妊活中や妊娠中に飲み続けることに抵抗があったので、
実際に飲んで調べた16種類の中でも一番良いと感じた”ベルタ葉酸サプリ”を、最終的に飲み続けることにしました。

 

 

 

1日に4粒という数を飲まなくてはならないため、つわり中に少し大変な印象があったのですが、
匂いもほとんどなく、粒の大きさも小さかったため、特に問題なく飲み続けることが出来ました。

 

ベルタ葉酸サプリは、配合されている栄養素や安全性、価格の面などを考えてみても、一番安心出来る葉酸サプリと言えます。

 

 

 

 

妊娠初期から1年程度飲み続けましたが、ベルタ葉酸サプリのおかげで、無事に元気な赤ちゃんを出産することが出来ました。
検査結果も特に問題はなく、健康な身体で産まれてきてくれたので安心しました

 

 

更新履歴